カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

    
万能の素ボタン のり・キムチ-ボタン 麺類・お菓子-ボタン お茶・飲み物-ボタン 調味料・加工食品

タッカルビ

ILS韓国料理教室 トップ

タッカルビ

(닭갈비、鶏あばら)

タッカルビ


「タッ(닭)」は「鶏」。
「カルビ(갈비)」は、「あばら」のことで、つまり「ばら肉」のことです。


とはいえ、タッカルビに、鶏のあばらの肉だけを
使うというわけではありません。

鶏を丸ごと使うので、骨もたくさん入っていて、
あばら骨が付いたカルビのようだから「タッカルビ」と
言ったのではないでしょうか。


鶏を1羽丸ごと使って、大きな鉄板で作って、
みんなで囲んでつつくのがタッカルビのだいごみですね^^

とはいえ、今回ご紹介するのはお家で小さく作る分量でご紹介します。




タッカルビ


材料(2人前):
鶏肉 500g、キャベツ 70g、さつま芋 1/4個、
にんじん 1/4個、玉ねぎ 1/4個、えごまの葉 15枚、
ねぎ 1/2本、青・赤唐辛子 1本ずつ

薬味の材料:
 コチュジャン 大さじ1、唐辛子粉 大さじ1.5、醤油 大さじ1/2、
水あめ 大さじ1/2、砂糖 大さじ1/2、梅エキス 少々、
おろしニンニク 少々、おろし生姜 少々、ごま油 少々、コショウ 少々



タッカルビ

まずは、薬味ソース(ヤンニョンジャン)をつくりしょう!
薬味は、自分の味に合うよう調節してくださいね^^/


タッカルビ

鶏肉は、食べやすい大きさに切って、流れる水で洗い、水を切りましょう。


タッカルビ

鶏肉をボールに移し、薬味ソースを半分入れ、よく混ぜます。
薬味ソースは後で使うので、半分は取っておいてください。


タッカルビ

できれば、1日ほど熟成させれたら良いのですが...。
30分だけでも漬けておかれれば、もっとおいしく頂けますよ^^


タッカルビ

野菜を準備しましょう!
キャベツ、さつまいも、玉ねぎ、にんじんは食べやすい大きさに、
ねぎと唐辛子も細く切りましょう。



タッカルビ

フライパンを温め、油を少し敷いて、漬けておいた鶏肉を入れ、
半分くらい火を通します。



タッカルビ

えごまの葉を除いた野菜を入れ、煮込んでください。
この時、半分残しておいた薬味ソースを1、2杯入れてください。
薬味は、自分の口に合うように^^


タッカルビ

鶏肉と野菜がよく混ざり火が通ったら、
最後にえごまの葉を入れて少し炒めます。



タッカルビ

完成です!

韓国では、各自に分けてよそらず、
みんなで一つのお料理をつつきますね^^


更に、韓国のお店で食べる時は、
ご飯は食べずに、まずお肉だけつついて食べ、
ある程度食べたら残った具にご飯を入れ、
もう一度火をつけて炒めご飯にして食べます。

 ぜひ、一度お試しください^^





◇ 関連商品 ◇

韓国食品 スンチャン テヤンチョコチュジャン
コチュジャン(500g) 750円
[ミガオン] 唐辛子粉〈調味用〉 (500g)
唐辛子粉〈調味料〉(500g) 720円
韓国の美味しい水飴
水飴(2.45L) 887円
[泉標] ジン醤油 (930ml)
醤油(930ml) 310円


ILS韓国料理教室 トップ